だぶ散歩

旅行、廃墟の話をしたりTrySailの話をしそう

【旅行記】長崎2日目(軍艦島・佐世保)【2016】

長崎旅行の2日目。

 

長崎2日目(軍艦島

軍艦島

2016/4/30 晴れ

軍艦島コンシェルジュ」で軍艦島上陸ツアーを予約しているので、路面電車に乗り港に向かった。

みちみちの路面電車

結構な密度でくる

大浦天主堂の近くの大浦海岸通り駅で降りて、少し歩くとすぐに乗船場だ。

手続きを済ませて港をうろつく。無風の超べたなぎで幸先よさそう。

時間が来て午前便の船に乗り込む。

ツアーの所要時間が3時間以上なのでちょっとした小旅行だ。ここに帰ってくるのは昼過ぎになる。

ジャイアントカンチレバークレーン

ジャイアンカンチレバークレーン

出航するとガイドの人が港の色々な物を説明してくれる。真ん中の緑のやつが日本初の電動クレーンらしい。へ〜。

まだまだ船旅は続く。

造船所

造船所。ここで戦艦武蔵を建造したらしい

教会

遠くに見える教会

もろもろを過ぎると一気に海のど真ん中へ。

海の真ん中

夢みたいな景色

波の揺れはほぼない。

海をひたすら進むと、ようやく軍艦島が見えてくる。

軍艦島

軍艦島

軍艦みたいに見えるから軍艦島だとは聞いてたけど、実物のシルエットは本当に軍艦そのもので驚いた。

船はすぐに接岸するわけではなく、まずは島を周遊してじっくりと見せてくれる。どこに座ってても配慮して見せてくれるので、座る場所はあんまり気にしなくてもいいかもしれない。しいて言うなら進行方向左側の席だと写真が撮りやすいかなくらい。

軍艦島の奥に中ノ島が見える

 

中ノ島

周遊中、中ノ島が見えた。軍艦島には火葬場や墓地がないから、すぐ近くにあるこの中ノ島を住民の火葬場にしていたらしい。

 

着岸可能だとのことで、ついに上陸する。

夢にまでみた軍艦島。ここまで来れたのが嬉しくて当時の自分は現在地のスクショまで撮っていた。

ここ!ここ!

 

軍艦島にいるよ〜!

いざ上陸。

 

海の真ん中の島でも緑は青々しく育っている


f:id:boom_h2o:20220823205813j:image
f:id:boom_h2o:20220823205827j:image

日本初の鉄筋コンクリートアパート


f:id:boom_h2o:20220823205803j:image
f:id:boom_h2o:20220823205823j:image

学校跡。何百人もの子供達が通っていたのだろう

軍艦島出身のガイドさんに案内されて、建物の説明や当時の様子を詳しく教えてくれた。トイレが海と直結していて、海が荒れてる日は水が噴き出してくるだとか、台風の時はアパートの上部にまで波がかかったのだとか。

炭坑員は毎日、何百メートルもの長さをものすごい速さで降りる竪坑エレベーターに乗って現場に向かっていた。死と隣合わせの仕事は過酷だが、給料はよかったようで当時テレビ普及率が低かったころにも関わらず、軍艦島での普及率は100%だった。

島内は映画館、ビリヤード場、スナック、遊郭と娯楽施設も豊富だったことから、いかに栄えていたのかが伺える。

 

時間になり、船へと戻る。

歩くルートはすべて決められていて、正直言ってたくさん見て回れるような場所ではないけれどすべてが壊れてなくなってしまう前にここに来れたことが嬉しかった。

 

帰りの船内では景品をかけたじゃんけん大会が行われた。

前に立つガイドさんにじゃんけんで勝ち、負けた人は座り、最後の一人になったら景品がもらえる仕組みだ。

3回連続で勝ってしまった

3回戦が終わったあと、隣に座るおばちゃんに「強いのねぇ」と話しかけられた。

ガイドさんの出すパターンがなんとなく読めて、それが本当に当たったものだから自分でもびっくりしていた。さすがにもう申し訳なかったので、4回戦目は途中でわざと負けて、おばちゃんに次勝てる手をこっそりと教えた。結果、どうなったかは覚えていない。

 

佐世保

軍艦島ツアーの船を降りてからは早かった。

翌日の早朝、池島行きの船に乗るために、長崎駅から高速バスで佐世保駅まで移動する。

佐世保駅。モダンでかっこいい

私が激推ししてる麻倉ももちゃんがこれでもかってくらい絶賛している「牧のうどん」が行ける範囲(佐世保駅から電車で30分)にあったので夕飯にする。

 

初のワンマン電車だったから乗り方がまったくわからなかった。とりあえず切符を買って移動する。

買った切符を駅員に見せるっていうのが不思議な感じだった。

牧のうどん 三河内店


f:id:boom_h2o:20211130100601j:image

おすすめはしめじ、ごぼ天、おぼろこんぶらしいけれど、トッピングが3つ以上になると自動的に大盛りにされるので今回はごぼ天としめじで。見た感じだとわからないけど、食べてる間にも麺がめちゃくちゃにスープを吸って膨張していく。

思ったより量あるぞこれ。欲張ってかしわご飯をつけなくてよかったと思う。

電車の時間があるので、食べ終わったら大急ぎで駅に戻る。

夕暮れの三河内駅。こじんまりしてるけど綺麗

夕食を終えて佐世保駅に戻ってきた。せっかくだからと港をぶらつく。

佐世保の港もそうだし、長崎でも思ったけど全体的に綺麗に整備されてる印象があった。大きな駅周りで人が集まるからって理由だろうか。

佐世保港。こういう景色が身近にあるのいいなぁ

港の徘徊を終え、駅にあるエレナ(スーパー)でお酒を買ってホテルに帰って長崎2日目は終了。

3日目は池島だ。

 

・長崎1日目

boooom.hatenablog.com

 

【旅行記】北九州1日目(小倉)【2021】

過去の旅行から書いていく予定だったけど、楽しすぎて忘れたくないから先に書いちゃう。

 

しばらく飛行機も乗ってないし九州も行けてないなってタイミングで、ここ数年間オタクしてるTrySail(声優ユニット)のツアーの中に北九州公演があったから(ユニットの中で激推ししてる麻倉ももちゃんの出身が福岡ということもあって)行くことにした。

最後に飛行機を使った旅行をしたのはいつだったっけ?と思って写真を見返してみたら2019年の5月以来だった。このときもTrySailのツアーで福岡に行っている。

 

初の北九州で写真が多くなったので前編後編に分けます。

 

北九州1日目

羽田空港北九州空港

久々の飛行機旅で航空券の予約方法すら忘れてた。赤ちゃんみたいにたどたどしい手つきで適当な往復券と宿のパッケージを購入。

マイルを貯めているので基本ANAを使うんだけど、いつの間にかiPhoneのWalletに航空券を追加できるようになってて快適だった。前回はANAのマイページかなんかからQRコードを見せてた気がする。当時使ってたiPhoneが6sで古かったから、そのころからWallet追加はできてた可能性はあるが。

 

北九州はスターフライヤーのお膝元だから、今回乗るのももちろんそうで、ANAコードシェアしてるやつだ。初めて乗るのでだいぶワクワクしてた。

なぜならスターフライヤーボーディングミュージック(搭乗したときに機内で流れる曲。航空会社ごとに違うから聴き比べると楽しい)が

めちゃくちゃにかっこいいから。

 

これ↓

Breakthrough The Sky

Breakthrough The Sky

  • PAX JAPONICA GROOVE
  • ダンス
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

気持ちが良すぎる。

 

座席で待ってる時に、前のモニターにこれが表示されて曲が流れ出したときの脳汁がやばくて泣きそうになった。

f:id:boom_h2o:20211130212020j:image

 

こっちはスターフライヤーの昔のボーディングミュージック。

この曲が一番好きなのでこの時にも乗ってみたかった…

Asterism

Asterism

  • PAX JAPONICA GROOVE
  • ダンス
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

そんなこんなで移動。

飛行機からの写真

ばちばちに晴れてる

座席についてるモニターをいじくりまわしてたら無事に北九州空港に到着した。

空港から小倉駅まで高速バスでしばらく移動。高速から見た感じだと、山と海が近いからか集合住宅が目立ってる気がしたけどどうなんですかね。詳しい人いたら教えてください。

 

小倉

人がいないな…と思ったら新幹線口側のバス停で降りたせいだった。こっち側はメインじゃないのね。駅中を歩いてみると人がわんさがでてくる。めちゃくちゃ都会じゃん。あとこのモノレールの乗り入れ方が面白かった。こんなことある?そこモノレールのホームだったのか。

f:id:boom_h2o:20211129201507j:image

 

あと小倉に来たらどうしても行きたいところがあって、この日は電車に乗る予定もなかったのにわざわざ入場券を買ってまで改札内に入った。(当初は旅行2日目に行こうとしてたんだけど昼ごはんを食べるお店を1ミリも考えてなくて困っていた。)

それから7、8番線のホームに降りて目的の場所を探す。正直これができただけでも北九州旅行満足してたと思う。

それがこれ。

f:id:boom_h2o:20211129201539j:plain

小倉駅7、8番線の立ち食いのうどん屋

どうしてもこれが食べたかった!!!

夢の小倉駅ホームのかしわうどん390円を購入。

カウンターの中では店員さんがひたすらにうどんを作っているのが見える。出てくるのも早い。食べてる人たちもどんどん入れ替わっていく。

ちなみに「かしわ」は鶏肉のことです。

f:id:boom_h2o:20211129201537j:plain

かしわうどん。綺麗だよ…

北九州旅行 完!!!!

 

ここで旅行おわりでーすって言われてもたぶん文句言わなかった。

かしわがほろほろで甘くて美味しすぎる…しっかり漬け込んであるのかスープに沈めても全然味が薄まらないのに、スープにはかしわの味が溶け込んでてめっちゃ美味しい。麺は福岡のうどんらしくふにゃふにゃ柔らかいやつ。ふにゃふにゃ麺すきだからたまらん。

コシが強いうどんじゃないと嫌だ!って人は別物だと思って食べよう。美味しいので。というか小倉付近に住んでる人、もしかして飲み会帰りにとかにふらっとここに寄って締めにしたりしてるのかな。それだけで最高の人生になるでしょ。

ところでみなさんはうどんのスープは飲み干す派ですか?私は普段は特にって感じなんだけど、ここのスープは絶対に飲み干したほうがいい

くずれたかしわが底に溜まってるから存分に味わえるぞ!噛めば噛むほど旨スープと旨かしわが口の中に広がって最高!完飲!!この後に飲む水がまた染みるんだ。水筒にこのスープ入れて飲みたいな。

かしわうどんは今回食べた7、8番線のホーム以外にも1、2番線にも店舗がある。もう1杯いけそうなので別店舗の様子を見に行ったけどさすがに食べるのはやめておいた。日陰で寒かったから諦めたとかそういう理由じゃないよ。

ホームによって味が違うとかの噂があるけど本当のところは知らない。次来たら食べ比べてみようかな。

※入場料払ってまでは興味ないかなって人でも、改札外のアミュプラザってところに店舗があるので食べてみてね。こっちは座って食べられるよ!

 

小倉駅に後ろ髪引かれつつホテルにチェックインする。

安心安全のダイワロイネットホテル。大体どこにでもあるから困ったらこのホテルでいいと思う。綺麗だし。枕元にコンセントがあったのもポイント高い。

回し者じゃないです。

ダイワロイネットホテルの部屋

ひろ〜〜いベッド

ダイワロイネットホテルの浴室

浴室。シックだね。

歩き疲れたからライブの時間までぼーっと休憩する。

ちょっとだけ近くの商店街の中にある資さんうどんの様子を見に行って、かしわおにぎりのテイクアウトができないか聞いてみた。レジのおっちゃんに17時からだからごめんよ〜って言われて、結局ローソンでからあげクンゆずポン酢味を食べました。おいしい。

 

ライブ会場に行く前に腹ごしらえをする。

さっききた資さんうどんに再訪して高菜かしわ飯を食べた。

おいしいかしわ飯

資さんうどんの高菜かしわ飯

うまい!

小倉駅ホームのかしわとは違って、こっちはこりこり感があった。どっちも違ってどっちもおいしいね。

 

ライブ後

北九州ソレイユホールまで移動し、ライブを満喫するオタク。

見やすい&音響がいい気がしたからまたここでやってほしい。トイレも綺麗でよかった。

オタク話はあれなんではしょります。

光るももブレード

 

ライブの余韻に浸りながら小倉駅方面へと帰る途中に、

マカロニ星人

こわい

怖かった。一匹だけじゃなくて大量に並んでた。これがマカロニ星人か。

サイレントヒルみあるな…って怯えてたら遠くにめちゃめちゃ光ってる橋を発見したので、

激ヤバイルミ

すげー光ってる

来た。

鬼ヤバイルミ

すげーー光ってる

他にもいろいろなイルミ。

KOKURA

KOKURA

 

ハートのイルミ

夜の小倉、楽しいな。

 

とりあえずお腹が空いたんでホテル近くの適当な居酒屋に入る。

「和食ト酒 炉ばた あお季」ってところ。しゃれた居酒屋って感じで客層は20代中心で女性が多かった印象。

お酒は好きだけどあんまり飲めないんでカシスウーロンにした。

和食ト酒 炉ばた あお季

食べかけのあげ銀杏(大好き)と食べかけのごまサバ(大好き)

フグのから揚げ

フグのから揚げ(大好き)

他にもあさりの酒蒸しやら、ハムソーセージやらデザートもろもろ頼んだけど、全部美味しくて当たりの居酒屋だった。特に魚が美味しかった。価格も一品一品が大体500円前後で安い。こんなに安いのに美味しくていいのか!?いいのか…

 

居酒屋を出たら、即ホテルの部屋に帰って湯船に浸かってBIG BEDで寝ましたとさ。

 

北九州1日目はそんな感じ。

2日目は門司港らへんをうろつく予定です。

 

おわり。

【旅行記】長崎1日目(長崎駅周辺)【2016】

初の一人旅で選んだのは長崎で、GW真っ只中で、しかも3泊4日。頭おかしいね。

長崎を選んだ理由は、どうしても死ぬまでに軍艦島に行ってみたかったから。あとは廃炭鉱の島で有名な池島にも行ってみたかった。それだけの理由で、大きいのバックパックを背負って飛んで行った。バックパックもお土産やらで最終的に総重量5キロくらいになってたのを覚えてる。移動手段が基本徒歩だから死ぬほどきつかった。スケジュールもめちゃくちゃで、空白の時間が大量にできたり急遽当日にホテルをとったりもした。

今もちょくちょく旅行はしてるけどやっぱり長崎が忘れられないよ…って気持ちを思い出しながら書いていく。

写真の量が多いからいくつかに分けます。

 

旅程:2016/4/29〜2016/5/3

 

長崎1日目(長崎駅周辺)

羽田空港

2016年4月29日 晴れ

朝一の羽田空港

朝の空港は、エモい

羽田空港

朝一の空港はガラガラで楽しい。搭乗手続きを済ませてうろうろする。まだお店も閉まってるからひたすら歩いたり自販機を見ることしかできないけど、この時間が最高。明るくなっていく空をぼーっと見たりすると全部どうでもよくなってくる。

 

自販機で買っただしスープ

やまやのうまだし

自販機で買ったキンキンのだしスープ。次買うならあったかいのがいいかも。結構しょっぱいからお味噌汁代わりになりそう。

しばらくゆっくりしてたら時間になって飛行機に乗り込む。朝早くて眠かったので機内では爆睡。なので特に写真はありません。

 

長崎空港

 

五島うどん つばき

五島うどん つばき

長崎着弾とともに空港内の飲食店で五島うどんを食べる。普通のうどんと違って麺が細くてそうめんっぽい。思ってる以上にコシはあるし、スープは透き通ってて綺麗。細いのにコシがあるせいか独特な感じだった。

ちなみにこの写真を撮影してるときが9時15分。35分発くらいの高速バスに乗る予定があるから、ゆっくり味わってる時間はなく、急いで完食してバス乗り場へと向かう。

 

急いで移動中。

 

角煮まんじゅうちゃん

角煮まんじゅうちゃん

ひっそりと立ってた角煮まんじゅうちゃん。

時間はもう9時30分だけどスルーはできず撮影。バスの時間が普通にやばい。

 

長崎空港前


9時37分。無事に高速バスに乗れた。1時間くらいかけて長崎駅方面へと向かうので、ここでも爆睡。

 

長崎駅周辺

長崎の路面電車

起きたら長崎駅前にいる。公共交通機関は便利だ。バス停から少し歩くとばんばん路面電車が走ってるのが見えてびびった。せっかくなので乗ってみる。地元のおばちゃんとかが乗っててすごいまったりした感じだった。走行速度とか、車内の広さとか、電車っていうよりバスが近いな。

目的地はグラバー園なので、浦上駅前で降りる。

 

グラバー園

駅で降りて少し歩くと大浦天主堂が見える。ゴリゴリのゴシック様式の建物でめちゃくちゃかっこいいし、シュロの木が生えてるおかげで南国感が出てるのがいいね。教会内部は写真撮影不可なので外観だけ。内部もコウモリ天井がすごいから見よう。アガるよ。

大浦天主堂

大浦天主堂

大浦天主堂のマリア像

マリアさまがみてる

グラバー園方面へ。

グラバー邸

グラバー邸

よく見かけるとこ。まだ朝早いから人はまばら。
しばらくはグラバー園内をうろうろする。

右下のお店でソフトクリームを食べたりした。

祈りの丘絵本美術館

祈りの丘絵本美術館

ツタが元気すぎて廃墟かと思ったら絵本の美術館だった。この時は入れなかったけど次は行ってみたい。

レトロな公衆電話

自働電話(公衆電話)

亀

亀on亀。こんなことある?

涼しい写真

涼しげな小さな噴水と花びら。ぱくたそとかにありそう。

グラバー園の出口あたりにある長崎伝統芸能長崎くんちの神輿とかが大量に飾ってある。薄暗くて雰囲気も良い。

つやつやな地面

長崎くんちの神輿

長崎くんちの神輿

長崎伝統芸能館って書いてある

神輿を舐めまわして見て、グラバー園はおしまい。

写真には撮ってなかったけど、グラバー園の行きか帰りにグラバースカイロード(斜面に住む人たちのために作られた、日本初の公道認定されてる斜行エレベーター。無料!)を通ると楽しい。移動は楽になるし、レアな道を通ってる優越感でニヤニヤできるぞ!

 

オランダ坂やばい

坂がすごい

坂を歩きまくってたらお腹が空いてきたので中華街に向かうことにする。近かったからもちろん徒歩。オランダ坂、東山手を抜けてひたすら歩く。

最高の道

よすぎる道

レンガ

いいレンガ

十字架

隠れ十字架
長崎新地中華街、出島とか

なんやかんやで中華街に到着した。

長崎新地中華街

長崎の中華街

角煮まんじゅうちゃん

角煮まんじゅうちゃん…

適当なところで買った角煮まんじゅう。角煮が甘くてとろっとろで、口に入れた瞬間消えた。これは何個でもいける。

少し休んだら一気に疲労がきたからホテルで休もうにも、チェックインまでまだまだ時間があるので出島まで移動する。当たり前のように徒歩。

奥は出島

奥に見えるのが出島

川沿いの家

穏やかな水面に涙が出てくる…

出島も展示が多くて楽しかった。でもさすがに歩き疲れて休みたいので、ホテルをとっている長崎駅の近くに移動を開始する。お腹が空いたので長崎駅に隣接しているショッピングセンターに入り…

杵屋のうどん

自家製麺 杵屋のうどん

ごぼう天うどんを吸い込み、

ウミノのミルクセーキ

ウミノのミルクセーキ

ミルクセーキを吸い込んだ。

アミュプラザ長崎、ありがとう。アミュプラザ長崎、大好き。

 

ご飯を終えたあと、あまりにも疲れすぎててホテルに駆け込んでさくっと寝てしまった。時間配分がぐちゃぐちゃでふわっとした時間ができたけど、そのおかげで歩き回れたし結果よかったんじゃないかと思ってる。

ただ坂道を歩き回るのはまじでつらかった。行く人は絶対に歩きやすい靴で行ったほうがいい。路面電車が通ってる平面の道が天国に感じたし、旅行した日が晴れてて本当によかった。これ雨だったら完全に無になってたなってスケジュールだし…

長崎1日目はこんな感じで終了。

 

2日目は軍艦島に行くよ。

boooom.hatenablog.com

 

ブログにしたらちゃんと書くでしょの精神

写真フォルダを見ると、数年前に旅行した写真がわんさか出てくる。

何度見返してもめちゃくちゃいい旅してんな〜ってなるから、自分用の備忘録もかねてブログを書くことにした。記憶から消える前に残しておきたいので。

それでなんでブログかって言うと、

f:id:boom_h2o:20211125205606p:plain

Evernoteに書こうとして諦めた旅行記伊豆大島に向かう船に乗って終わった。

これだから。

 

インターネットに公開するってなったら、嫌でも書き上げなきゃいけないから中身スカスカだったとしても形にはなるでしょうってことで。

今まではTwitterの写真用アカウントで適当に垂れ流してたんだけど、せっかくならブログでもっと詳細も書きたいな〜って。でもいざやろうとなると、旅程のメモを残しておけばよかったなって思い始めたりしてる。

普通免許なしの人間が地方に行って、公共交通機関の時間に振り回されるところを他の人間に見てもらいたかった。

 

一応旅行メインで書くつもりだけど、廃墟探索とか旅館、ビジホの宿泊記もおそらく書きそう。体験レポなんかも面白そうだから書きたい。

とりあえず最初のうちは、昔行ったところを思い出しながら書いていって、現在-イマ-に追いつけるようにしたいね。はてなブログは過去の日付で投稿できるらしいから、せっかくなら旅行した日に合わせて書こうかな。

そんな感じ。

おわり。